img_feature03_main

調味料について

ひとふりの塩、ひとさしのしょうゆ…。単に味をつけるのではなく、生産者から“預かった”野菜や肉、魚の味わいを最大限引き出すのが、調味料の役割であると山藤は考えています。だからこそ、調味料も素材に負けないくらいの力を持っていてほしいーー。たとえば、国産の大豆を使い昔ながらの方法で造られた小豆島「天然醸造醤油」。キレのよさが料理の味をスッと引き締めます。さらに天日干しで乾かした菜種を絞ってゆっくりろ過した、風味豊かな青森県横浜町「菜種油」、無農薬栽培の米を使い古式造りで醸された、酸味穏やかな京都宮津「純米酢」など。生産者の思いの詰まったもの、安心、安全なものを使用しています。